« ネーム推敲 | トップページ | 推敲 »

Dグレイマン20巻

ようやく読んだ!
どうせ神田なんでしょ…と思いテンション下がって読んでませんでしたが、読んだ
ら神田への好感度が上がった!!

彼女がいるらしいので〜(´∀`*)初めて神田に心動かされました。

それは後のお楽しみに置いといて、やっぱり話についていけてません(´・ω・`)私があほすぎるのか?
アレンが「14番目の残した奏者の資格」という段階で大分「??」だったのに、それが判明しないまま「14番目本人」だと…奏者の資格って何だったんだよ。勿論それが無いと方舟を操れないというのは分かってるんだけど、ティムとセットで奏者の資格とか言われてなかったか?それがアレンが14番目本人だということになるなら、方舟操れて当然じゃん!という話になるわけよね?大分、謎解きが省略されてしまった気が…星野桂は説明するのが面倒になったんだろうか。

セカンドはエクソシストの死体から脳を取り出して別の体に移殖して、言わば蘇らせたもの、なんだよね。で、チャン家の魔術を使って再生能力を付与して強靭な肉体に仕上げた、と。
脳だけ移殖してそれで以前の記憶が甦るものなんでしょうか?博士達が記憶が甦ることで気が触れる、と心配していたのは、まあ死んだ時のことを思い出せば普通の人間ならそうなるよね、ということなんだと思う。だから一回死んでまた戦場に戻ったアレンは精神が強すぎる。流石主人公(*´艸`)vv
そしてセカンドのあの体はどこで造られたもの?エクソシストの脳と別の死体を組み合わせたのかと思ってましたが(発想が乱暴…)、そうすると皆が10歳前後の外見というのもおかしくなるか。
検体の細胞を使ってクローン人間を作ったとか?神田ファンの妹が、「死ぬ前はあの顔じゃなかったの!?」とショックを受けてたけど、クローン人間だとしたら死ぬ前もあの顔だよ安心して!(?)
だとすると人間を造るのは神の業で人間がその領域を侵してはいけないというのは、キリスト教の原則だった気が…ま、戦争中ですから、そんな堅いことは言わないということで。

それにしても神田…予想外に切ない(´д`*)妹は「現在進行の彼女が良かった」と文句を言ってましたが良いじゃないか過去にいただけでも!アレンなんて…あんなに皆がお膳立てしてるのに、リナリーと全然良い感じじゃない…!※ロードとの関係は望んでません。
ていうかあの二人を良い感じにするつもりがないならお膳立てはやめてほしい…期待するから。
しかしあの神田に「愛してる」と言わせるなんて…!!あ、いやまあ、前の神田は今と同じ性格じゃないかもしれないけど、でもとにかく、神田の生きる理由があんな前向きなものでとても感心しました。えらいぞ神田!
物語の構成上の唐突感は否めませんが、あの設定は個人的にはめっちゃツボだった。萌えました。

今回の神田の話で、私はすごく考えさせられました。
神田は完全に記憶が戻ったわけではありません。名前も分からない、顔さえおぼろげにしか思い出せない、それなのに会いたいと、死ぬほどの苦痛を分かち合える友達を切り捨ててまで強く願っていました。
これって有り得るんだろうか?
好きな人って、どういう部分で認識しますか?相手の顔、性格、思い出、そういう個体を認識するあらゆる情報があって初めて愛しく思うものじゃないんだろうか。
良く知らない相手のことを強く想うことってそんなに無い。神田が彼女について思い出せるのは、蓮の花のエピソードと愛し合っていた(それもどんな風にと言えるものじゃない)という記憶だけ。それとも神田には、愛しいと思う気持ちだけが記
憶の片隅に甦った?確かに、将来を誓い合う仲だったようだし(彼女が、おじいさんとおばあさんになってもよ、と言っていたので)、それくらい強い愛情を持っていても不思議ではありません。
じゃあ、まあ神田の方は記憶喪失だから良いとして、彼女にとってはどうなのか?
神田の現在の生体がどういう造りのものなのか分かりませんが、もし神田の顔が以前と違っているとしたら、性格が違っているとしたら、自分のことをほとんど憶えていないとしたら、以前と同じように愛せるでしょうか?
それでももし彼女と神田が再び愛し合えるとすれば、これはもう魂の触れ合い以外の何物でもないでしょう。あんな暗い漫画だし、二人がそういう超理想系であっても構わない。むしろそうあってほしいくらいです。でも現実の自分の身に置き換えて考えてみるとこれってすごく深い。
哲学的?な話かもしれないけど、個人は、事実の連続であり一つの現象でしかないという風に私は思ってます。この現象を作る事実がいくつも欠けている相手を、以前と同じ相手と認識出来るのかどうか?個人って、どこまでが揃っていればその人と言えるのか?というのは妹もかつて大学の先生に質問したことがあるそうです。
考えても全然答えが出ない…とりあえず今は、神田に用意されたエンディングが幸せなものであることを祈るばかりです。
あの漫画全然救いが無いので、結構時間が経っていて彼女は死んでいる。結構時間が経っていて彼女は中年で、既に家庭を持っている。ならまだましで実はノアになっている、とかだったら惨いな…まあその段階まで神田がメインでいられるかどうかに関わってくると思いますが(´ω`)
あの彼女、既に20代半ばに見えますが、実は神田が死んだ時点に10代後半くらいで9年経ってアラサーで、ちょっと(…かなり?)年上だけど神田とぎりぎりやり直せます!というのが一番嬉しい…!
但し私は、今の彼氏が突然死んで数年後に高校生くらいで生き返っても、やり直せるとは思えません…10歳下だぞ!こっちは犯罪者の気分だ!!

そして長すぎるこの感想…反省…してなーいヽ(^∀^)ノ゛

|

« ネーム推敲 | トップページ | 推敲 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。らいくです
Dグレ20巻感想読みましたshine
神田の過去についてでしたね。
私は本当に苦しい物語だと思いました。
それと…
きっと神田のいうあの人は神田の事わからないと思います。
だって別の器なんですから。
顔は違うんじゃないかな…

私は神田が大っ好きなので今回の話はきつすぎました…。なんかそんな感じはしてたんですが…
ここまで壮絶な過去だとは思いもせず。
21巻発売されるのがちょっと恐いです…


本当にDグレは生々しい話です。
でもそんな中でもアレン達はとても強いです。
そんなアレンや神田やリナリー達が私は大好きです

そんな彼らは私が大好きな人達でもあり憧れでもあります。

神田の過去は21巻にも少し描かれるのかはわかりませんが、
ちゃんと向きあっていきたいです。


みんなDグレはBLとしか見てくれないのでいっぱい感想が書いてあって嬉しかったですshine
どうも長くてすみませんsweat01
以上がわたくしの感想です。


投稿: らいく | 2010年7月26日 (月) 12:22

>らいく様
初めまして(^^)コメント有難うございます!そして返信が遅くなりすみません(>_<)

私はかなり斜めの目線からこの漫画を読んでいる節があるので、らいくさんの真っ直ぐな感想を読んで、ちょっとどきどきして自分の感想を読み直してしまいました…思ったよりひどいことは書いてなくて少し安心しました(笑)

Dグレは本当にえぐくて救いの無いストーリーに見えます。だからこそ、そんな中にもとても素直で強いアレン達が、魅力的にも見え可哀想にも思えます。勿論私もそんな彼らに惹かれているのは本当です(^^)

まさかの神田で恋愛要素!というのは今回とても魅力的でした。うっかり星野先生の罠にはめられた思いです(笑)
神田の過去もとても壮絶でしたね。でも他の人と違って神田だけが生きる理由が前向きで(そのためにやったことは凄惨でしたが…)、私は素直に嬉しかったです。
顔が違っていたとしても、あの人が神田と向き合ってくれるエンディングが用意されてると良いのになと願っています。

私にはあんまりBL発想が無いので、安心して読んで頂くことが出来るかな?と思います!?
新刊が出ましたらまた記事を書きますので、こんな調子の感想ではありますが宜しければお越し下さい。そしてらいくさんの感想も是非お聞かせ下さい(*^^*)
長いコメントを頂けるととても嬉しく思います(^^)コメント有難うございました。

投稿: ling | 2010年7月30日 (金) 09:58

らいくです
私こそ返事遅れてごめんなさいsweat01


いえいえ。たとえ斜め目線でもDグレや神田の事を真剣に考えて書いてくれて本当に嬉しいです。


私もDグレは残酷な物語だと思います。
Dグレを読んでると戦争っていうものについて考えさせられる時があります。
確かにアレン達はとてもつらい環境にいて、私も可哀想って思ってしまう時もあります。
でも可哀想って言っちゃいけないって思いもあります。
アレン達は本当に強いと常日頃から感じております。そんな彼らが私もやっぱり好きです。


そうsign01それはホントにびっくりです。神田は恋愛っていうのから最も遠い人だと思っていたので、そうきたかっsign01ってかんじです。


神田の生き方について、まだまだ考えが足りず…今も考え中です…
神田が希望を追っているのは確かなのですが、前を向いているようで後ろを向いている感じも…うぅぅ~ん…というところです。意見を述べられずすみません。


それを切に願うばかりです。神田にとっての幸せがなんなのかはまだわかりませんが神田があの人に会える時がこれば、と思います。


それは安心ですshineconfident
DグレをBL視点で見ない人仲間ができました


はい。
ぜひコメントさせて頂きます。
今回は前のコメントより長くなってしまいましたsweat02(すみませんです)


それでわまた

投稿: らいく | 2010年8月 4日 (水) 01:30

>らいく様
またコメントを頂けるとはつゆとも思わず、大変失礼致しました!!長らく管理をさぼっておりました…(>_<;

私は何でも斜めなのに真面目目線で見る癖があるので(笑)今回はそれが、らいくさんからコメントを頂けるという良い結果を生んだと思っております(^^)

Dグレに描かれる戦争の構図は非常に極端ですよね。勧善懲悪と言っても過言ではないでしょう。しかも「悪」に圧倒的な武力が付与されていて、無辜の人々が無惨にも命を奪われる。アレン達は自分が助かるか分からないのに、そういった人々を守ることを義務付けられていて、とてもドラマチックなストーリーだなと思います。
よく考えてみればすごく残酷!星野先生はドSだなと思うこともしばしばです(笑)

神田は確かに完全に前向きとは言い難いですよね。あの人に会ったその時点で死んでしまうような生き方をしているようにも見えます。
でもあまりにも暗い人生を歩む人が多すぎるこの漫画の中では、一番明るい希望を持っているのではないかなと思いました。何と言っても未来への希望ですから(^^)
神田は勿論のこと、皆に明るい結末が訪れれば良いですよね(^^)

何でもBLで見る風潮は良くないですよね!笑
BLで見ない仲間同士、BL視点じゃないDグレ談義で盛り上がっていきましょう♪

どんどん長いコメントをお待ちしております☆それよりも、気付くのが遅くなり本当に申し訳ございませんでした(>_<;

投稿: ling | 2010年9月16日 (木) 09:36


らいくですshine


コメント2通来てないですか慣れないもので…もしかしたらこの前にもう1通コメントを送ってしまったかも…(書きかけのやつとか)
もし2通来てたらごめんなさいsweat01


私こそほんとごめんなさいsign031ヵ月も返事に気付かなくてsweat01
申し訳ないです


はい。
ものすごい残酷ですよね……
特にスーマンの話とか。千年伯爵側が強すぎです。
星野先生そこを何とかっsign01って思う時あります。


神田はとても真っ直ぐです。だから不安です…
神田はあの人に会うのが生きる理由ですが、もしそれが叶ってしまったら… ある意味、神田の存在理由が無くなってしまう訳で……
その後がどうなるのかとか、とても不安です。
でもあの人に会ってほしいとも思うわけで。複雑です…


ええ。
神田やみんなに明るい未来が訪れることを信じています。


もちろんですsign01
BL反対sign03
盛り上がりましょうshineshine


Dグレの21巻は12月3日に発売だそうです。小説も一緒に発売されるそうです。

またまた長くなりすみません。私も遅れてしまい申し訳ないですコメントが2通きてたらごめんなさいsweat02


でわまた


投稿: らいく | 2010年10月13日 (水) 12:56

>らいく様
大丈夫でしたよ!1通だけ頂いていました(^^)
でもそういうことは良くあることですし、気になさらなくて大丈夫ですよ(^^)

今回は比較的早く気付いて良かったです…(>_<;らいくさんはお好きな時にご覧下さい♪そしてもしコメントを頂ける時は、それもお好きな時に書き込んで頂ければ良いんです(^^)私自身は、ブログの管理者として管理不足を反省しております(--;

千年伯爵側を強くすることでドラマ性が生まれるのは分かるのですが、ノアの一族なども強すぎですよね~!笑
私はこの武力格差を、「ナイフで喧嘩しているところへ核爆弾を持ち込まれた」と表現してます(笑)まあ、敵が核爆弾を持ち出したら主人公側もやがて大陸間弾道ミサイルに核弾頭装着!ぐらいのことにはなるので良いのかもしれませんが…でなければ勝てませんしね(^^;

あの人の正体が明確になった今、再会した段階で神田の漫画の中での役割は確かに一旦終わってしまいそうですね。でもあの人にもし再会出来て昔の恋人と認めて貰えたら、神田のキャラが少し変わってもっと魅力的になるかも、と思っています(^^)
だからこそ、あの人と無事再会してほしいです!
私だったら、神田のようなイケメンが現れたらすぐ昔の恋人と認めてしまいそうです…!?笑

新刊情報有難うございます(>∀<)小説も出るんですね!楽しみだな~
新刊を読んだら是非また一緒に盛り上がりましょう♪
長いコメント大歓迎ですので、気になさらないで下さいね!

有難うございました(^^)

投稿: ling | 2010年10月19日 (火) 14:00


らいくです


よかったdash
ありがとうございますshineshineconfident


その表現すごいわかります。まさにその通りですよねdespair
アレン達側には是非ノア側に勝てるスーパーミサイルを装着してほしいです。ほんと勝ってもらわないと困ります。


あの人と再会して変わった神田はとても見てみたい

私も再会を切に願っております。
今の戦いはとても壮絶ですが、絶対無事でいてほしいですね。神田はもちろんですが、アレンやラビ達も。


私も神田みたいな美男子、一発で恋人だと認めてしまいますlovely


いえいえshine
小説楽しみですよねぇheart01
どんな内容なんだろうとワクワクしてますup


はいsign01是非盛り上がりましょうsign03

ありがとうございますshine


でわまた

投稿: らいく | 2010年11月 7日 (日) 23:38

らいくです。


お久しぶりですshine
半年くらいですよね…sweat01

なかなかコメントできなくてすみませんでした。


もうDグレ22巻発売日まであと少しですが…
21巻を読み、色々と整理整頓をしていたらこんなに時間が経っていましたsweat02sweat02


私はSQジャンプとかは読んでないので、今物語がどうなっているのかはわからないのですが…

21巻で神田の過去に決着がついた、ということになりますね。
まさかアルマがあの人だったなんてsign03と驚きでした…。
21巻を読んで思ったのは、やっぱりアレンは強い。16歳って思うほど強いです。きっと神田一人じゃあの局面は乗り越えられなかったでしょう。
むしろ最悪な展開になっていたに違いありません。


だから21巻最後に神田がアレンに見せた素直な笑顔は納得ができました。
21巻は今まで見たこともないような神田の表情がたくさん見れました。
それもそのはず。神田の抱えている一番大きな問題ですからね。


神田は無事で本当なによりですが…アルマがどうなってしまったのか、アレンはどうなるのか。心配なことが山積みです…sweat02
神田が再登場してくれるのかとか、第三エクソシストたちも…


と書き始めるとキリがないですね

21巻は神田のお話でしたが、一番活躍したのはアレンなのでは…なんて思います。
もちろん、神田も頑張っていました。


やっぱこういう物語を読んで思うのは、彼らも人間なんだなぁ…ですね。

弱いところもたくさんあるけど、それでも前に進もうとする姿勢が、やっぱり大好きですね憧れですshine


彼らの弱い部分は否定しません。私も弱い人間なんで…sweat01
そういうところをひっくるめて彼らが大好きですshine


…などと一人で熱くなってしまい申し訳ないですsweat02


じゃあここらへんで失礼しますね。

なんかどばぁっと色々書いてしまいすみませんsweat02


また22巻読んだら感想を書きますね
今度は近いうちにっsweat01


それではheart04
らいくでした。

投稿: らいく | 2011年5月29日 (日) 15:03

>らいく様
お久しぶりです。
いつもコメント有難うございます(*^^*)

らいくさんから頂いたコメントで、新刊の発売日もうすぐなんだ!ということを知り、急いで本屋に駆け込みました(笑)おかげさまで22巻を買えました♪有難うございます(^^)

21巻は、神田を踏み台にして(!?)アレンが活躍した巻だったと私も思います。最終的に神田とアルマを救ったのはアレンでしたもんね。良かった、主人公としての役割をちゃんと果たして…などと思っておりました(笑)

神田も色々な部分で納得は出来なかったのではないかなと私は想像しています。正直、私は全然納得出来ませんでした(^^;追究したがる癖があるので…(^^;
でも、あの人に会うということと自分が殺してしまったと思っていたアルマとの再会を果たして、納得出来ない部分も含めて呑み込むことにしたんだろうなと思いました。やっぱり人間、清濁併せ呑む強さと懐の大きさは大事ですよね(^^;

私も弱い人間ですが、彼らのような辛いことも乗り越えられる強さが必要になるような、そんな人生は出来る限り歩みたくないと思います…!笑

こんなところで良ければ、何でも熱く語って下さい(>∀<)vV
近々22巻の感想もアップしますので、宜しければまた遊びに来て下さいね♪

投稿: ling | 2011年6月17日 (金) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180835/35594370

この記事へのトラックバック一覧です: Dグレイマン20巻:

« ネーム推敲 | トップページ | 推敲 »